自分の髪の量があまり多い方ではないと思う様になったのは、高校生の頃だったと思います。その頃巷では『聖子ちゃんカット』と言うアイドルの髪型が大流行していました。私も写真を持って行って聖子ちゃんカットにして貰おうと思ったのですが、いつも出来上がりはかけ離れたものでした。

きっと美容師の腕が悪いんだと思い、違う所に行っても結果は同じでした。髪もあまり多くないしきっとパーマをあてたらいい感じになると思い、高校を卒業するのを待ってパーマをあてて貰いました。勿論聖子ちゃんの様にして下さいと言いました。でもやっぱり結果はあまり変りませんでした。

美容師さんにどうしてか尋ねると、髪の量と髪質が原因で同じ様にならないんだと言われてしまいました。どうしてもサイドの髪が後ろへレイヤーで流れるあの髪型が出来ないのです。もうがっかりで諦めてしまいました。

40代は髪全体にウエーブをかけブラウンにして、自分でも気に入る髪形をしていました。でも髪を染める事によってダメージを与え、もっと髪の量が少なくなってしまいました。50代に入ってからは髪をイジメる事は止めて、自然に任せています。今でも憧れる髪型はありますが、少しでも本数を保つのが今の目標です。しかしホルモンのバランスが崩れると
髪にも影響があると聞きます。
深刻になってきたら女性のための薄毛治療院も尋ねるのも最終手段です。